借入の金利と返済方法とは?

目的別ローンや借入金額で変わる

お金が必要だが十分なお金がないときがあります。欲しいものを買いたいぐらいなら我慢をすればいいですが、時によっては無理してでも買った方が将来的に得になる可能性があります。この時は借入の利用を検討してみましょう。銀行などで借入サービスが利用できますが、目的がはっきりわかっているなら目的別ローンの利用を検討しましょう。住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなどがあります。目的別ローンは目的を決めないローン商品に比べると低い金利を適用してもらえます。また、借入をするときの借入額によって金利は変動します。沢山借りれば借りるほど金利は低くなります。少額だと設定範囲の最も高い金利になる可能性もあり、利用時に注意しないといけません。

一括返済やリボ払いで返済する

借入をすると、将来的には返済が必要です。奨学金などなら利息が発生しないものもありますが、金融機関からの借入で利息が発生しないものはないと言ってもいいでしょう。返済をするときは元本と利息を支払う必要がありますが、返済方法にはいくつかあります。少額の借入なら、一括返済すればそれで支払い義務は終わります。ただ、継続的に借りるならリボ払いの利用も検討しましょう。リボ払いは毎月の返済額を固定化できる仕組みです。返済残が残ればその分利息は増えますが、一定の給料しかないのに返済にすべて充てると生活できなくなります。リボ払いなら毎月一定額しか払わなくていいので、残りのお金で生活ができます。どちらがいいか考えて利用しましょう。